クローバー

もうそろそろ近畿地方も梅雨に入るそうです。

突然ですが、JITTERIN'JINNの「クローバー」、懐かしくて可愛らしいよい曲です。
♪どこにいて 何をして 誰を好きになっても
  いつまでも私のこと 忘れないでいてね

庭に蒔いたクローバーは今が盛り。
ランナーを伸ばして砂利の上でも根をはろうとしています。

クローバー
soa * ガーデニング * 20:19 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

シナワスレナグサ開花

昨年9月にタネを蒔いたシナワスレナグサ、5月も終わりになって開花しました。おはな

ワスレナグサと比べると、花も葉っぱも色が濃くって白も黄もない青一色。
マルッとしていてちょっと儚げでかわいらしく見えるワスレナグサに対し、シナワスレナグサは遠目にも明るく鮮やかで目をひきつけてます。

シナワスレナグサ
soa * ガーデニング * 13:08 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ワスレナグサ(勿忘草)Forget-me-not

澄んだ空色の花、春の季語ワスレナグサです。
冬、枯れ尽くしたようだったので、今年はないと思っていたら、黒い葉っぱの先から新しい緑の葉っぱが出てきて、咲き始めました。
呼吸器系のお薬にもなるそうです。
花言葉はとっても有名な「私を忘れないで」「真実の愛」。
Forget-me-notというと尾崎豊さんを思い出します。

ワスレナグサという名前は、恋人とドナウ川付近で散歩中に、この花を摘もうとして足を滑らせ、川に流されてしまった彼氏が、彼女に残した言葉“フェアギス マイン ニヒト!”(ドイツ語で私を忘れないでの意)からついたという説があります。
彼氏さんは騎士で、重い鎧を着けていたために沈んでしまったとか、急流に飲み込まれてしまったとか・・・悲しいお話です。

また、アダムが楽園の全植物に名前を付け終わり、神さんと確認していた時、この花だけが自分に付けられた名前を忘れてしまっていたのでこの名を付けられたとか。

昨年秋に植えましたシナワスレナグサは北西にあるせいか、まだまだ咲きそうにありません。

庭8
soa * ガーデニング * 23:26 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

レンテンローズ 対 ハーブ

5月、サツキとメイの季節です。よつばのクローバー
フランスでは5月1日にスズランを贈ると、“贈ったほうも貰ったほうも幸せになる”というジンクスがあるようです。

さて、すでに花壇は、昨年モンスター化したアメジストセージ、そして虫の食欲に負けていたため鉢から庭に移した途端に元気になり過ぎたアップルミントによりレンテンローズ(春咲きクリスマスローズ )が襲われています。
これからの夏、蒸れそう状態なので、早めに場所変えしようカナです。
ハーブって・・・強い・・・。あなどれない。たらーっ

レンテンローズの花言葉は、「安心」「追憶」「悪評」「丈夫」など。
キンポウゲ科クリスマスローズ属の常緑多年草で毒をもっているそうです。
花に見えるのは“ガク”で、本当の花は退化してわかりにくいです。

リンゴの香りの薄荷、アップルミントの花言葉は「美徳」だとか。

レンテンローズ
soa * ガーデニング * 01:30 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

モモイロタンポポ開花

ムスカリハナニラが見納めの中、去年の秋から待ちに待ったモモイロタンポポの花が咲きました。星
2006年9月16日のブログ「モモイロタンポポ」で芽の写真を載せています)
はじめはタンポポぽくないなぁと思っていたのですが、もうどこから見ても立派なタンポポです。
意外に首が長い!25cm以上あったりします。
下の写真のバックにぼやける黄色い花は、かわいいかわいいクリサンセマム・ムルチコーレです。てれちゃう

モモイロタンポポ1モモイロタンポポ2
soa * ガーデニング * 04:01 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

クリサンセマム・パルドサム

ムルチコーレに引き続き、小さなマーガレットクリサンセマム・パルドサム(別名ノースポール)の可憐な白い花が咲きました。花
つぼみも多いので、4月下旬から5月にかけて賑わいそうです。ニコニコ
一年草ですが、こぼれた種からも芽を出してくれるそうなので、来年はもっと増える予定。うらない、し放題です。☆.。.:*v(≧∀≦)v♪うきゅ。

花言葉は愛情、清潔。
クリサンセマム・パルドサム

soa * ガーデニング * 00:49 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

プリムラ ムルチコーレ ムスカリ ハナニラ

☆(・e・)
そこらへんで花が咲いてきました。おてんき
そして、何かの幼虫もたくさん…。
今日もマサキの若葉がかじられていました。

下の写真は上から順にプリムラ(ピンク)、クリサンセマム・ムルチコーレ(黄)、ムスカリ(青紫)、ハナニラ(白)です。おはな

サクラソウ科プリムラの花言葉は「可憐、美の秘密、永続する愛情」。
名前は「春一番の花」という意味のラテン語に由来するとか。
ドイツのお話では、プリムラは扉を開ける鍵として登場しています。
昨年だけの一年草かと思っていたら、今年も出てきたので多年草みたいです。
周りの線状の細い葉っぱはクロッカスです。

呪文のようなクリサンセマム・ムルチコーレは同じキク科の白い花パルドサムよりも花びらも葉っぱも丸くってぽよんとかわいらしい。
花言葉は「高潔、誠実な貴方でいて」。
明るい黄色は遠くからでも目を引きます。

ギリシア語でムスク=麝香(じゃこう)を意味するムスカリは、ほのかにいい香りのするぶどう色の花。
花言葉は「失意、失望、寛大な愛」。
青っぽい花色は悲しみを表すことからマイナスイメージの花言葉がついたとか。
昨年、白色も植えたはずなのですが、なぜか全て紫色でした。
花が咲いていない時期の長く伸びた葉っぱはちょっとだらしなく見えちゃいます。
光を欲しているのでしょうか。

白い星型のハナニラは葉っぱを切るとニラの香りがします。
放任したほうが増えるそうですが、元気すぎて、ちょっと狭そうなので、場所を変えたほうがいいかな。
花言葉は「別れの悲しみ」。

NEW!春になり、滋賀県紹介サイト「滋賀ぶらり散歩」でもマキノ海津大崎の桜写真を更新しました。今後も随時更新情報を載せていきますので、よろしくお願いいたします〜

プリムラクリサンセマム・ムルチコーレムスカリとハナニラ
soa * ガーデニング * 17:30 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

クロッカス

春の花、クロッカスが咲きました。おてんき
別名ハナサフラン、花言葉「陽気、青春の喜び、信頼」など。

この花名は、ギリシャ神話では伝令神ヘルメスの婚約者(女性)だったり羊飼いの娘スミラックスの恋人(男性)だったり。
この2つ、どちらも結末は悲しい。
このほかにめしべが糸状に長く伸びることから、ギリシャ語でを意味するクロケに由来するとか。

「糸+クロケ」といえば、運命の女神モイライ三姉妹。
運命の糸を紡ぐ長女クロト、糸をはかる次女ラケシス、糸を断つ三女アトロポス。

この三姉妹、映画にもなった「ファイブスター物語」にそろってご登場。
バランシェ公作ファティマ・アトロポス、ラキシス、クローソー。
この壮大な物語、登場人物が多彩で覚えきれない。
一体何巻まで…いや、あと何年で読み終わるのだろう。。
何でこう話題がずれるんだろう。。。イヒヒ

クロッカス
soa * ガーデニング * 01:57 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スノードロップ

雪をほとんど見ていない今年ですが、スノードロップの花が咲きました。ゆき
和名では待雪草雪の花とよばれる白い花です。

この花にはいろんな言い伝えがあります。
まず、アダムとイブに関する伝説では、楽園から冬の世界に追放され、絶望する2人に、天使が「春は必ずやってくる」と声をかけて、雪をスノードロップの花に変えたことから、希望が生まれたそうです。星
また、ドイツの言い伝えでは、むかし、色のついていなかった雪に、自分の花の色を分けてあげた花がスノードロップ。
雪は感謝してスノードロップに春を告げる花の栄誉を与えたそうです。おはな
そして、スコットランドでは、正月前に花を見た人は、翌年、幸福になれるという、幸福を呼ぶ花。よつばのクローバー
一方イギリスでは花の色が死装束っぽいので、贈り物には向かないとされています。

花言葉は希望、慰め。
スノードロップ

soa * ガーデニング * 12:57 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

アメジストセージ

この季節によく見かけるアメジストセージ(別名メキシカンブッシュセージ)。8/30のmyブログでは小さなヘビが渡っていた林ですが、うちでもきれいな紫の花が初秋からたくさん咲き続けています。
東南に植えているこの植物は、夏の終わりから勢い良く伸び始め、すでに背丈は私の上、ちょっぴりモンスター。ワイルドです。青りんご
これを防ぐには8月頃に摘芯するとよいらしいのですが、なかなか芽を摘むのには抵抗があって…現状況に至ります。一番太い茎で1cm以上…半ば木と化しています。

ラブ花言葉:家族愛アメジストセージ

soa * ガーデニング * 07:45 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ